山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

本の紹介: おもしろくてためになる暦の雑学事典

投稿日:2018-11-14 更新日:

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します.


書名: おもしろくてためになる暦の雑学事典
著者: 吉岡安之
出版社: 日本実業出版社

天文学の兄弟として発展してきた暦については解明することがほとんど残されていない為か,さほどじゅうようしされなくなってきました.

しかしながら,暦は人類最大の発明といって良いほど無くてはならない道具です.暦が無ければ予定も立てられないし,記録も過去の出来事すべてが「昔々」 ということになってしまいます.

「暦なくして歴史なし」ということです.人類の歴史は暦によって正確に記録されてきました.

本書の内容は目次を見るだけで読んでみたいことがたくさん出てきます.例えば,

暦はなぜコヨミというのか 14

太陰暦+太陽暦=太陰太陽暦ではない 16

なぜ一年は十二カ月なのか 22

一週間はなぜ七日なのか 24

二十四節季はすぐれた季節カレンダー 34

十干十二支とエト 62

「有明の月」はいつみられるか 72

日本の暦③「江戸時代四度の改暦」

時計はなぜトケイと読むのか 144

機械時計よりも正確だった日時計 146

現在の時刻制度の始まりは? 166

和風月名はいつできたのか 174

昔の衣服は暦がわり 188

五月雨とは梅雨のことである 194

収穫期でわかる稲の品種 208

11月は収穫祭の月 214

クリスマスはもともとは冬至祭 220

スポンサード リンク

以上の様な,知っていそうで自信が持てなかったり,ちょっと知りたいといった内容が満載です.興味がある人は本書を探してみてはいかがでしょうか?ネットの断片的な知識の隙間が埋まっていきます.

いまままであまり深く考えたことが無かったのですが,暦というのは時間を測定する道具だったのですね.


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%A6


暦(こよみ)とは

今日はこれまで.ではまた.

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
ここでは個人的に素晴らしいと感じた書籍を記録しておくとともに,ご参考までに紹介しています.
* 内容に問題があると考えられる方は,ご連絡ください.
* If you have any problems, please let us know.
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事
-, ,

執筆者:

関連記事

8月10日は道の日

日本中どこにもあり,毎日使っているけれど,ほとんど意識してないのが道. 今日は道の日ですので,道の「表情」を見ながら歩いてみてはいかがでしょうか? スポンサード リンク 参考 道の日 道の日(みちのひ …

2018年10月8日月曜日は体育の日です.

スポンサード リンク スポーツにしたしみ,健康な心身をつちかう日として,10月の第二月曜日に設定されて,連休となっています.昔の体育の日は10月10日で1964年(昭和39年)の東京オリンピックの開会 …

4月28日は主権回復記念日, サンフランシスコ平和条約発効記念日

66年前の1952年4月28日,「日本との平和条約 Treaty of Peace with Japan」(サンフランシスコ平和条約)が発効し,日本の主権が回復しました。調印は前年1951年9月8日に …

7月は文月(ふみづき,ふづき),旧暦と和風月名について

七夕に詩歌を献じ,書物を夜風に曝す風習があったことから文月と呼ばれています.あるいは稲の穂が含む月であることから「含み月」,「穂含み月」の意味が転じたという説もあります. 2018年7月02日は半夏生 …

2019年1月30日 七十二候 鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

大寒 末候 1月30日(水)-2月3日(日) 鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく) 「とやにつく 鳥屋に就く」とは,鳥が羽の抜けかわるとき,小屋にはいって餌も食べなくなること,あるいは,鶏などが産卵の …