山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般 暦 季節 カレンダー 出来事

12月は師走(しわす),旧暦と和風月名について

投稿日:2018-12-01 更新日:


【旧暦】 12月 <師走_しわす>December|ミサワホーム

参考

約150年前まで使われていた旧暦と呼ばれる太陰太陽暦(天保暦1844-1872)では現代のように各月を数字で呼ばずに名前をつけて呼んでいました.これを「和風月名」と言います.

昔の人は自然を肌で感じ,生活を季節に合わせて過ごしていました.和風月名の他にも季節や行事に合わせて月を呼ぶ習慣がありました.これらを別名とか異名と呼んでいます.

以下,様々な呼び方を見ていきましょう.新暦と旧暦は1-2カ月の差がありますので,現在と季節感がずれています.

ちなみに新暦とは現在使用している太陽暦であるグレゴリオ暦(Calendarium Gregorianum, Gregorian calendar),旧暦とは太陰太陽暦(天保暦1844-1872)を指します.

12月

師走(しわす):旧暦12月は新暦の12月下旬から2月上旬頃
師も走るほど年末は忙しいことから名付けられました.

スポンサード リンク

12月の他の呼び方

建丑月,晩冬,梅初月,乙子月,弟子月,親子月,暮来月,暮古月,年積月,果ての月,春待月,雪月,黄冬,弟月,嘉平,橘と,季冬,窮陰,窮紀,窮月,窮凋,窮冬,窮稔,苦寒,月窮,玄きょう,厳月,玄律,極月,さ月,茶月,残冬,三冬月,三余,四極,小歳,除月,清祀,大呂,凋年,天晧,冬索,と月,二之日,汎月,氷月,杪冬,暮歳,暮節,暮冬,臘月,臈月

(昔の人々の月の呼び方から自然や季節への愛着が感じられます)

昔の呼び方をそのまま現代の暦に置き換えると,実際の季節感より数週間早いので多少の違和感があります.旧暦は1-2ヵ月くらい遅れていると覚えておけば良いと思います.

和風月名一覧

1月
睦月(むつき):正月に親類一同が集まり睦び合う月

2月
如月(きさらぎ):衣更着(きさらぎ)の意味で,寒いので衣を重ね着する月

3月
弥生(やよい):木草弥生(いやお)い茂る月

4月
卯月(うづき):卯の花の月

5月
皐月(さつき):早月(さつき)の意味で,早苗(さなえ)を植える月

6月
水無月(みなづき,みなつき):水の月の意味で,田に水を引く月

7月
文月(ふみづき,ふづき):穂含月(ほふみづき)の意味で,稲の穂が実る月

8月
葉月(はづき,はつき):木々の葉が落ちる月

9月
長月:(ながつき,ながづき):夜の長い月

10月
神無月(かんなづき):神の月の意味で神に新穀をささげる,あるいは神が出雲大社に集まる月

11月
霜月(しもつき):霜の降る月

12月
師走(しわす):師匠も走るほど忙しい月

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般, 暦 季節 カレンダー 出来事
-

執筆者:

関連記事

2019年3月6日 二十四節気 啓蟄 (けいちつ) 太陽黄経 345度

陽気地中にうごき,ちぢまる虫,穴をひらき出れば也(暦便覧) 啓蟄は冬眠をしていた虫が穴から出てくる頃という意味. 実際に虫が活動を始めるのはもう少し先. 柳の若芽が芽吹き蕗のとうの花が咲く頃である. …

2019年2月9日 七十二候 黄鶯睍睆(うぐいすなく)

立春 次候 2月9日(土)-2月13日(水) 黄鶯睍睆(うぐいすなく) 参考 七十二候 しちじゅうにこう 二十四節気を初候,次候,末候の3つに分けたものが七十二候です.一侯は約5日となります. 古代中 …

5月28日は花火の日

花火の日は一年に二度あります.5月28日と8月1日です. それぞれの由来は以下の通りです. 花火の日 5月28日 1733(亨保18)年の5月28日に,凶作による飢饉とコレラ流行で亡くなった人々への慰 …

2019年2月19日 二十四節気 雨水 (うすい) 太陽黄経 330 度

陽気地上に発し,雪氷とけて雨水となれば也(暦便覧) 雪の季節もそろそろ終わる頃です.春一番が吹き,九州南部ではうぐいすの鳴き声が聞こえ始めます. だんだん春らしくなっていきます. [京都二十四節気] …

山道

5月4日はみどりの日です.

みどりの日(みどりのひ)は、日本の国民の祝日の一つです.1989年(平成元年)から2006年(平成18年)までは4月29日でした. 4月29日は昭和天皇の誕生日で,「天皇誕生日」とされていましたが,「 …