山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第51週の花草木 ヒイラギ

投稿日:2018-12-17 更新日:

ヒイラギは漢字で「柊」木ヘンに冬と書きます.まさに,冬の木です.

葉がギザギザで刺があるところが特徴的で,バラとヒイラギは刺のある植物として良く知られています.

ヒイラギの名前の由来も,刺に刺されると「ひいらぐ(ひりひり痛む)」ところから来ています.

今が花期で,葉腋に白い小花が密生して咲いています.

刺のある特徴から,侵入防止用の生け垣に利用されています.

また,邪鬼の侵入も防ぐと信じられ,庭の表鬼門(北東)にヒイラギ,裏鬼門(南西)にナンテンの木を植えると良いとされています.

節分の夜にはヒイラギの枝と大豆の枝に鰯の頭つけて門戸に飾るという風習もあります(柊鰯).

参考

我が家の庭 ヒイラギの花が咲く 2014.11.8 Osmanthus Heterophyllus

スポンサード リンク

柊鰯 (ひいらぎいわし) Exorcism

クリスマス?節分?今夜はどっち!? ゆっくりで語る植物 15回目 柊

ヒイラギのデータ

目:シソ目 Lamiales
科:モクセイ科 Oleaceae
連:Oleeae
属:モクセイ属 Osmanthus
種:ヒイラギ O. heterophyllus
変種:ヒイラギ O. h. var. bibracteatus

学名:Osmanthus heterophyllus (G.Don) P.S.Green
var. bibracteatus (Hayata) P.S.Green
シノニム:Osmanthus ilicifolius (Hassk.) Carrière
Osmanthus acutus Masam. et K.Mori
英名:Chinese-holly, false holly, hiiragi, holly-olive, holly osmanthus
品種:キッコウヒイラギ O. h. f. subangustatus

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木

執筆者:

関連記事

第33週の花 キバナコスモス

原産地はメキシコでヨーロッパ経由で日本に来ました. 繁殖力が旺盛で野生も増えています. スポンサード リンク 本来の「コスモス」とは同属別種で互いに交配しません.6月から11月までと,花期が長いのが特 …

第1週の花草木 ハボタン 葉牡丹

スポンサード リンク 今日は正月3日ですが,第1週の花草木をハボタンから始めます. 今の時期に公園の花壇などを散歩すると,花は少なく寂しい時期です.今日もっとも多く見かけたのはハボタンです. 花ではあ …

2019-09-30 9月の植物写真

参考 【大切な人へ】9月の花言葉365日分と誕生花一覧です スポンサード リンク 今日はこれまで.ではまた. スポンサード リンク

第51週の花 ゲッカビジン 月下美人

スポンサード リンク 散歩していると庭にゲッカビジンの花が咲いている家がありました.この時期,しかも昼間に数個の花が咲いているので,珍しいなと思い調べてみました. サボテン科クジャクサボテン属の常緑多 …

第49週の花 ウンシュウミカン 温州蜜柑

ミカンの甘くなる季節です. ミカンと言えば,「ウンシュウミカン」.中国の温州にちなんでウンシュウミカンと命名されましたが,実際は九州が原産と考えられています. 5月の上中旬頃に3㎝程の白い5花弁の花を …