山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

2019年1月6日 二十四節気 小寒 (しょうかん) 太陽黄経 285 度

投稿日:2019-01-06 更新日:

冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也(暦便覧)

この日は寒の入り,これから節分までの期間が「寒」となります.

寒さはこれからが本番ですね.池や川も氷るほどの寒さです.

京都二十四節気 小寒

参考

二十四節気 ニジュウシセッキ

小寒,大寒,春分など1年を24分割して,それぞれに名前を付けています.
1年は12カ月なので,24分割すると,各節季は半月間となります.

二至二分 ニシニブン

二十四節気の主役は「春分」,「夏至」,「秋分」,「冬至」の4つです.これらを二至二分といいます.

それぞれの季節の真ん中になります.

四立

それぞれの季節の始まりは「立春」,「立夏」,「立秋」,「立冬」です.これらを四立といいます.

八節

二至二分と四立を合わせて「八節」といいます.1年を8節に分けるので,四季を前半・後半に2分することになります.

スポンサード リンク

四季

: 立春(前半), 春分(後半)
: 立夏(前半), 夏至(後半)
: 立秋(前半), 秋分(後半)
: 立冬(前半), 冬至(後半)

二十四節気

八節それぞれに2つづつ節季を加えて(合計3節季)ひとまとまりにします.各四季は3+3=6節季となります.

春 (全6節季)

春前半 (3節季)
「立春」 +雨水 +啓蟄

春後半 (3節季)
「春分」 +清明 +穀雨

夏 (全6節季)

夏前半 (3節季)
「立夏」 +小満 +芒種

夏後半 (3節季)
「夏至」 +小暑 +大暑

秋 (全6節季)

秋前半 (3節季)
「立秋」 +処暑 +白露

秋後半 (3節季)
「秋分」 +寒露 +霜降

冬 (全6節季)

冬前半 (3節季)
「立冬」 +小雪 +大雪

冬後半 (3節季)
「冬至」 +小寒 +大寒

これらを合わせると全部で24節季となります.

太陽黄経と二十四節気の関係

315° 立春
330° 雨水
345° 啓蟄
春分
15° 清明
30° 穀雨

45° 立夏
60° 小満
75° 芒種
90° 夏至
105° 小暑
120° 大暑

135° 立秋
150° 処暑
165° 白露
180° 秋分
195° 寒露
210° 霜降

225° 立冬
240° 小雪
255° 大雪
270° 冬至
285° 小寒
300° 大寒

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事

執筆者:

関連記事

3月7日は消防記念日,新月,旧暦 2/1(如月)

消防記念日(しょうぼうきねんび)とは、日本の消防に関する理解と認識を深めるために制定された記念日です. スポンサード リンク 参考 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6% …

2018年7月7日は小暑です.太陽黄経105度.そして,七夕.

[京都二十四節気] 小暑 スポンサード リンク 梅雨も明けてしまってかなり暑い日が続きます.しっかりミネラルとカロリーをとっておかないとバテますね. スポンサード リンク

暦

2018年4月17日は土用の入りです.太陽黄経27度

土用と言えば丑の日のウナギが思い浮かびますが,実は土用は年間に4回あります.立夏・立秋・立冬・立春の前約18日間が土用です. スポンサード リンク 土用はそもそも古代中国の五行思想(ごぎょうしそう)か …

2018年6月21日木曜日は夏至です.太陽黄経90度

[京都二十四節気] 夏至 スポンサード リンク いよいよ夏至ですね.二十四節気の10番目です.夏至の時間に太陽黄経はちょうど90度となります.1年360度の1/4周ですね(春分が0度です). 期間とし …

2019年5月6日 二十四節気 立夏 (りっか) 太陽黄経 45 度 七十二候 蛙始鳴(かわずはじめてなく)

立夏 初候 5月6日(月)-5月10日(金) 蛙始鳴(かわずはじめてなく) 夏の立つがゆへ也(暦便覧) この日から立秋の前日までが夏. 連休も終わり,もう夏です. 参考 二十四節気(にじゅうしせっき) …