山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

2019年1月6日 二十四節気 小寒 (しょうかん) 太陽黄経 285 度

投稿日:2019-01-06 更新日:

冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也(暦便覧)

この日は寒の入り,これから節分までの期間が「寒」となります.

寒さはこれからが本番ですね.池や川も氷るほどの寒さです.

京都二十四節気 小寒

参考

二十四節気 ニジュウシセッキ

小寒,大寒,春分など1年を24分割して,それぞれに名前を付けています.
1年は12カ月なので,24分割すると,各節季は半月間となります.

二至二分 ニシニブン

二十四節気の主役は「春分」,「夏至」,「秋分」,「冬至」の4つです.これらを二至二分といいます.

それぞれの季節の真ん中になります.

四立

それぞれの季節の始まりは「立春」,「立夏」,「立秋」,「立冬」です.これらを四立といいます.

八節

二至二分と四立を合わせて「八節」といいます.1年を8節に分けるので,四季を前半・後半に2分することになります.

スポンサード リンク

四季

: 立春(前半), 春分(後半)
: 立夏(前半), 夏至(後半)
: 立秋(前半), 秋分(後半)
: 立冬(前半), 冬至(後半)

二十四節気

八節それぞれに2つづつ節季を加えて(合計3節季)ひとまとまりにします.各四季は3+3=6節季となります.

春 (全6節季)

春前半 (3節季)
「立春」 +雨水 +啓蟄

春後半 (3節季)
「春分」 +清明 +穀雨

夏 (全6節季)

夏前半 (3節季)
「立夏」 +小満 +芒種

夏後半 (3節季)
「夏至」 +小暑 +大暑

秋 (全6節季)

秋前半 (3節季)
「立秋」 +処暑 +白露

秋後半 (3節季)
「秋分」 +寒露 +霜降

冬 (全6節季)

冬前半 (3節季)
「立冬」 +小雪 +大雪

冬後半 (3節季)
「冬至」 +小寒 +大寒

これらを合わせると全部で24節季となります.

太陽黄経と二十四節気の関係

315° 立春
330° 雨水
345° 啓蟄
春分
15° 清明
30° 穀雨

45° 立夏
60° 小満
75° 芒種
90° 夏至
105° 小暑
120° 大暑

135° 立秋
150° 処暑
165° 白露
180° 秋分
195° 寒露
210° 霜降

225° 立冬
240° 小雪
255° 大雪
270° 冬至
285° 小寒
300° 大寒

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事

執筆者:

関連記事

2019年10月14日は体育の日 満月

今日は体育の日です.満月 1964年(昭和39年)に東京オリンピック開会式が催された10月10日を記念して体育の日が決められました.来年からはスポーツの日となるとのこと.今年が最後の体育の日です. ス …

2019年7月17日は満月です.

2019年7月17日は満月です. サイクリングで友人らと葛西臨海公園へ行ったら海水浴場の水がほとんど無かったので,大潮かなと思っていたけれど,やはり満月の大潮でした. スポンサード リンク 7月半ば過 …

2019年7月2日 七十二候 半夏生(はんげしょうず) 太陽黄経 100度

夏至 末候 7月2日(火)-7月6日(土) 半夏生(はんげしょうず) 半夏生(はんげしょう)は雑節の1つで,半夏(烏柄杓)という薬草が生える時期です. ハンゲショウ(カタシログサ)という草の葉が名前の …

伊豆諸島

2018年7月16日 月曜日は海の日です.

7月の第3月曜日は海の日です.「海の恩恵に感謝するとともに,海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨とのことです. 確かに,日本は海洋国です.領海とEEZを合わせた面積は約447万km2で,領土(約38万k …

2018年9月01日は二百十日です

2018年9月1日は二百十日です.立春から210日目(立春の209日後の日)を二百十日と言い,台風や風の強い頃の目安とされます.昔は八朔(旧暦8月1日,2018年9月10日),二百十日(2018年9月 …