山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

2019年1月30日 七十二候 鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

投稿日:2019-01-30 更新日:

大寒 末候 1月30日(水)-2月3日(日) 鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

「とやにつく 鳥屋に就く」とは,鳥が羽の抜けかわるとき,小屋にはいって餌も食べなくなること,あるいは,鶏などが産卵のために巣にこもることを言います.鶏始乳とは,鶏が卵を産み始めるころという意味です.

庭でニワトリを飼うことが少なくなりました.昨日サイクリングしていると,どこからかニワトリの鳴き声が聞こえてきました.懐かしい.

我が家のニワトリ 母に甘える。

参考

【七十二候】七十二番目 鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

http://weathernews.jp/s/topics/201701/110135/

七十二候 しちじゅうにこう

二十四節気を初候,次候,末候の3つに分けたものが七十二候です.一侯は約5日となります.

古代中国の七十二候を江戸時代の天文暦学者,渋川春海が日本の気候と感性に合わせて改定し,新制七十二候を表しました.

動植物の変化や季節の移り変わりを表しています.

二十四節気 ニジュウシセッキ

小寒,大寒,春分など1年を24分割して,それぞれに名前を付けています.
1年は12カ月なので,24分割すると,各節季は半月間となります.

スポンサード リンク

二至二分 ニシニブン

二十四節気の主役は「春分」,「夏至」,「秋分」,「冬至」の4つです.これらを二至二分といいます.

それぞれの季節の真ん中になります.

四立

それぞれの季節の始まりは「立春」,「立夏」,「立秋」,「立冬」です.これらを四立といいます.

八節

二至二分と四立を合わせて「八節」といいます.1年を8節に分けるので,四季を前半・後半に2分することになります.

四季

: 立春(前半), 春分(後半)
: 立夏(前半), 夏至(後半)
: 立秋(前半), 秋分(後半)
: 立冬(前半), 冬至(後半)

二十四節気

八節それぞれに2つづつ節季を加えて(合計3節季)ひとまとまりにします.各四季は3+3=6節季となります.

春 (全6節季)

春前半 (3節季)
「立春」 +雨水 +啓蟄

春後半 (3節季)
「春分」 +清明 +穀雨

夏 (全6節季)

夏前半 (3節季)
「立夏」 +小満 +芒種

夏後半 (3節季)
「夏至」 +小暑 +大暑

秋 (全6節季)

秋前半 (3節季)
「立秋」 +処暑 +白露

秋後半 (3節季)
「秋分」 +寒露 +霜降

冬 (全6節季)

冬前半 (3節季)
「立冬」 +小雪 +大雪

冬後半 (3節季)
「冬至」 +小寒 +大寒

これらを合わせると全部で24節季となります.

太陽黄経と二十四節気の関係

315° 立春
330° 雨水
345° 啓蟄
春分
15° 清明
30° 穀雨

45° 立夏
60° 小満
75° 芒種
90° 夏至
105° 小暑
120° 大暑

135° 立秋
150° 処暑
165° 白露
180° 秋分
195° 寒露
210° 霜降

225° 立冬
240° 小雪
255° 大雪
270° 冬至
285° 小寒
300° 大寒

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事

執筆者:

関連記事

2019年3月16日 七十二候 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

啓蟄 末候 3月16日(土)-3月20日(水) 菜虫化蝶(なむしちょうとなる) 菜の花が咲いていますね.そろそろ蝶々や蜂などが飛び交い始める頃でしょうか? 参考 七十二候 しちじゅうにこう 二十四節気 …

2019年6月1日 七十二候 麦秋至(むぎのときいたる), 気象記念日そして電波の日

小満 末候 6月1日(土)-6月5日(水) 麦秋至(むぎのときいたる) 参考 気象記念日 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E8%B1%A1%E8%A8% …

2019年7月7日 二十四節気 小暑 (しょうしょ) 太陽黄経 105 度

大暑来れる前なれば也(暦便覧) 梅雨明けまであと2週間でしょうか?いまから本格的な暑さに備えましょう. 集中豪雨のシーズン.蓮の花が咲き,蝉の合唱が始まる頃でもあります. 参考 二十四節気(にじゅうし …

2018年9月20日は彼岸です

スポンサード リンク 018年9月20日は彼岸です. 彼岸(ひ2がん)は雑節の一つです.春分・秋分を中日として,前後各3日を合わせた各7日間を言います.この期間に行う仏事を彼岸会(ひがんえ)と呼んでい …

二十四節気 立春 (りっしゅん) 太陽黄経 315 度

春の気たつを以て也(暦便覧) この日から立夏の前日までが暦の上での春となります.まだ寒さの厳しい時期ですが,日の長さは徐々に長くなり,,梅が咲き始める頃です.花の季節はもうすぐそこです. [京都二十四 …