山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

投稿日:2019-02-02 更新日:

「鬼」この文字を眺めていると,ゲシュタルト崩壊が起こりそうです.

誰もが知っているけれど,何なのか具体的に説明できない「鬼」っていったいなんでしょう?

「赤鬼」「青鬼」「黒鬼」などがいて,頭には角が生えていて,髪の毛はちぢれて,牙がと爪があり虎模様の腰布をつけています.そして手にする武器はトゲトゲのある金棒.

こういうイメージがあります.

「鬼 おに」は「隠 おぬ」つまり「いない」=「姿が見えない」=「ありえない存在」ということで,人間離れした強大な力と恐ろしさ,極端な悪さ,怖さ,想像を超えたすごい存在を表しています.

地域,時代によってイメージは変わってきましたが,いずれにしても人間の領域を超えてしまった恐ろしさを備えています.

本来は,善悪を超えた神の領域の,人間にはとうてい理解できないレベルの恐ろしさをあらわしています.これを絵に表すと,角だとか,牙だとか虎の模様などを組み合わせて怖さを表現したのでしょう.

スポンサード リンク

現代では鬼もかわいらしくなってしまいました.鬼のイメージは時代を反映するようです.

【モニタリング】いきなり赤鬼が現れたら妻はどうする?

トリビアの泉『文字をずっと見ていて「こんな形だっけ」と感じる現象の名前は「ゲシュタルト崩壊」

参考

ゲシュタルト崩壊

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%88%E5%B4%A9%E5%A3%8A

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般

執筆者:

関連記事

ハチミツについて

最近ハチミツを一日に2-3回と積極的にとっています.花粉症対策になるとの噂もあるので,花粉の季節前から試しています. ただし,糖分を取りすぎるなどの弊害も考えられますので,少し詳しく調べてみました. …

山河海空ブログ 移転先

https://sangakaiku.hatenablog.com/ 以上,宜しくお願い致します. スポンサード リンク

今,読書中の本:江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた 古川愛哲

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた 著者:古川愛哲 出版社:講談社 良書です. 江戸時代のイメージの多くは時代劇で培われて来まし …

大気汚染

ゼンソク気味の症状発生 黄砂? PM2.5? 花粉症?それとも

数週間前まで苦しんでいた花粉症の症状もほぼ治まり,四月末頃には目薬,点鼻薬も持ち歩かなくても大丈夫くらいのところまで気にならなくなっていました.ところが1-2日前から鼻水,ゼンソク症状がでてきましたの …

A7サイズの集中用紙

昨日はエジソンが仕事場に時計を置かなかったという話と集中や効率のお話しでした.年末など特にそうかもしれませんが,思いついた時にすぐやれば良いのに,一見時間がかかりそうだと大事な事でも後回しにしてしまい …