山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

二十四節気 立春 (りっしゅん) 太陽黄経 315 度

投稿日:2019-02-05 更新日:

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが暦の上での春となります.まだ寒さの厳しい時期ですが,日の長さは徐々に長くなり,,梅が咲き始める頃です.花の季節はもうすぐそこです.

[京都二十四節気] 立春

参考

二十四節気 ニジュウシセッキ

小寒,大寒,春分など1年を24分割して,それぞれに名前を付けています.
1年は12カ月なので,24分割すると,各節季は半月間となります.

二至二分 ニシニブン

二十四節気の主役は「春分」,「夏至」,「秋分」,「冬至」の4つです.これらを二至二分といいます.

それぞれの季節の真ん中になります.

四立

それぞれの季節の始まりは「立春」,「立夏」,「立秋」,「立冬」です.これらを四立といいます.

スポンサード リンク

八節

二至二分と四立を合わせて「八節」といいます.1年を8節に分けるので,四季を前半・後半に2分することになります.

四季

: 立春(前半), 春分(後半)
: 立夏(前半), 夏至(後半)
: 立秋(前半), 秋分(後半)
: 立冬(前半), 冬至(後半)

二十四節気

八節それぞれに2つづつ節季を加えて(合計3節季)ひとまとまりにします.各四季は3+3=6節季となります.

春 (全6節季)

春前半 (3節季)
「立春」 +雨水 +啓蟄

春後半 (3節季)
「春分」 +清明 +穀雨

夏 (全6節季)

夏前半 (3節季)
「立夏」 +小満 +芒種

夏後半 (3節季)
「夏至」 +小暑 +大暑

秋 (全6節季)

秋前半 (3節季)
「立秋」 +処暑 +白露

秋後半 (3節季)
「秋分」 +寒露 +霜降

冬 (全6節季)

冬前半 (3節季)
「立冬」 +小雪 +大雪

冬後半 (3節季)
「冬至」 +小寒 +大寒

これらを合わせると全部で24節季となります.

太陽黄経と二十四節気の関係

315° 立春
330° 雨水
345° 啓蟄
春分
15° 清明
30° 穀雨

45° 立夏
60° 小満
75° 芒種
90° 夏至
105° 小暑
120° 大暑

135° 立秋
150° 処暑
165° 白露
180° 秋分
195° 寒露
210° 霜降

225° 立冬
240° 小雪
255° 大雪
270° 冬至
285° 小寒
300° 大寒

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事

執筆者:

関連記事

2019年9月13日 七十二候 鶺鴒鳴(せきれいなく) 中秋の名月

今日9月13日は中秋の名月ですが,あいにく雲っています. 夜遅くなって晴れてきて,名月を堪能できました.双眼鏡で観察して特徴ある地形をなるべく憶える様にジックリと見ておきました. その後に,ウェブにあ …

2018年5月2日は八十八夜です.そして緑茶の日

夏も近づく八十八夜  (BGM.茶積み) お茶の製造工程 — 興味深いものがあります. スポンサード リンク 緑茶の日は日本茶業中央会が制定しました.八十八夜が茶摘みの最盛期である八十八夜 …

2019年9月8日 七十二候 草露白(くさのつゆしろし)

白露 初候 9月8日(日)-9月12日(木) 草露白(くさのつゆしろし) 草露白(くさのつゆしろし)とは,「朝夕の寒暖差により,草に露が降りるころ」の意味です. 確かに夜は過ごしやすくなりました.日が …

2018年12月07日大雪(たいせつ)です.太陽黄経255度

[京都二十四節気] 大雪 スポンサード リンク 東京ではまだ雪は降りませんが,昼間歩いていても寒さを感じる季節になってきました.冬至まであとわずかです. 雪(ゆき) 童謡 スキー 文部省唱歌 スポンサ …

2019年3月31日 七十二候 雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)

春分 末候 3月31日(日)-4月4日(木) 雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす) ずっと天気が安定していたのに, 大気が急に活気づいてひき起こされる春雷(しゅんらい)には驚かされます. 参考 七 …