山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

2019年2月9日 七十二候 黄鶯睍睆(うぐいすなく)

投稿日:2019-02-09 更新日:

立春 次候 2月9日(土)-2月13日(水) 黄鶯睍睆(うぐいすなく)

参考

七十二候 しちじゅうにこう

二十四節気を初候,次候,末候の3つに分けたものが七十二候です.一侯は約5日となります.

古代中国の七十二候を江戸時代の天文暦学者,渋川春海が日本の気候と感性に合わせて改定し,新制七十二候を表しました.

動植物の変化や季節の移り変わりを表しています.

二十四節気 ニジュウシセッキ

小寒,大寒,春分など1年を24分割して,それぞれに名前を付けています.
1年は12カ月なので,24分割すると,各節季は半月間となります.

二至二分 ニシニブン

二十四節気の主役は「春分」,「夏至」,「秋分」,「冬至」の4つです.これらを二至二分といいます.

スポンサード リンク

それぞれの季節の真ん中になります.

四立

それぞれの季節の始まりは「立春」,「立夏」,「立秋」,「立冬」です.これらを四立といいます.

八節

二至二分と四立を合わせて「八節」といいます.1年を8節に分けるので,四季を前半・後半に2分することになります.

四季

: 立春(前半), 春分(後半)
: 立夏(前半), 夏至(後半)
: 立秋(前半), 秋分(後半)
: 立冬(前半), 冬至(後半)

二十四節気

八節それぞれに2つづつ節季を加えて(合計3節季)ひとまとまりにします.各四季は3+3=6節季となります.

春 (全6節季)

春前半 (3節季)
「立春」 +雨水 +啓蟄

春後半 (3節季)
「春分」 +清明 +穀雨

夏 (全6節季)

夏前半 (3節季)
「立夏」 +小満 +芒種

夏後半 (3節季)
「夏至」 +小暑 +大暑

秋 (全6節季)

秋前半 (3節季)
「立秋」 +処暑 +白露

秋後半 (3節季)
「秋分」 +寒露 +霜降

冬 (全6節季)

冬前半 (3節季)
「立冬」 +小雪 +大雪

冬後半 (3節季)
「冬至」 +小寒 +大寒

これらを合わせると全部で24節季となります.

太陽黄経と二十四節気の関係

315° 立春
330° 雨水
345° 啓蟄
春分
15° 清明
30° 穀雨

45° 立夏
60° 小満
75° 芒種
90° 夏至
105° 小暑
120° 大暑

135° 立秋
150° 処暑
165° 白露
180° 秋分
195° 寒露
210° 霜降

225° 立冬
240° 小雪
255° 大雪
270° 冬至
285° 小寒
300° 大寒

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事

執筆者:

関連記事

2019年7月2日 七十二候 半夏生(はんげしょうず) 太陽黄経 100度

夏至 末候 7月2日(火)-7月6日(土) 半夏生(はんげしょうず) 半夏生(はんげしょう)は雑節の1つで,半夏(烏柄杓)という薬草が生える時期です. ハンゲショウ(カタシログサ)という草の葉が名前の …

8月10日は道の日

日本中どこにもあり,毎日使っているけれど,ほとんど意識してないのが道. 今日は道の日ですので,道の「表情」を見ながら歩いてみてはいかがでしょうか? スポンサード リンク 参考 道の日 道の日(みちのひ …

2019年10月14日は体育の日 満月

今日は体育の日です.満月 1964年(昭和39年)に東京オリンピック開会式が催された10月10日を記念して体育の日が決められました.来年からはスポーツの日となるとのこと.今年が最後の体育の日です. ス …

2018年5月21日は小満です.太陽黄経60度

小満(しょうまん)は,二十四節気の第8. スポンサード リンク 現在広まっている定気法では太陽黄経が60度のときで,毎年5月21日頃です.この日から,次の節気の芒種前日までの期間のことも小満と言います …

2018年6月06日は芒種です.太陽黄経75度

芒種(ぼうしゅ)は二十四節気の第9番目です.芒(のぎ)の種を蒔くときという意味です. 現在の農法では実際の種まきはもう少し早い時期になります.ノギというのはイネ科植物の果実を包む針状のエイというトゲト …