山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事 自然 科学 技術

周期表 the periodic table

投稿日:2019-02-17 更新日:

今からちょうど100年前の1869年,元素についての知見が深まりつつある時代に,元素を原子量の順番に並べてみると,周期的に似た性質が現れることが発見されました.

ロシアの化学者ドミトリ・メンデレーエフにより提案されましたが,このことが後の化学の方向性を決めることになりました.

例えてみれば,学校の生徒を体重の軽い順に並べると8人ごとに成績や運動能力や性格などが周期的に繰り返されることを見つけたわけです.

体重順ではさすがにそのような規則性は無いと思えますが,元素の場合は無意味と思われた整理整頓が思わぬ発見につながりました.

メンデレーエフのこの試みは,周期律と呼ばれ,元素の周期的な性質の規則性から新元素の発見や,原子の電子配置のルールや原子構造の解析に至り,今日の量子力学へと発展していきました.

100年後の今年が,現代化学の幕開けちょうど100周年となります.

今日2月17日からちょうど100年前の1869年の2月17日,メンデレーエフは夢のなかで,原子量順に並んだ表をみます.目を覚まして,すぐに表を紙に書き出したのがきっかけです.

さて,このことを知ったあなたは,今晩どんな夢をみることになるのでしょうか?

スポンサード リンク

本ではおなじみですが,実際に元素を並べるのは大変です.特に周期表下部の放射性元素を収集するのは大変だと思います.

参考

https://www.ptable.com/?lang=ja

周期表

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E6%9C%9F%E8%A1%A8

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事, 自然 科学 技術

執筆者:

関連記事

面白くて眠れなくなる植物学 稲垣栄洋著 を読んで

今読んでいる本のなかで,「面白くて眠れなくなる植物学」 稲垣栄洋著はわかり易く,興味深い内容が多いので,ご紹介します. スポンサード リンク 本書は植物学のなかで話題性のあるものを取り上げてわかり易く …

2018年10月20日は土用です.太陽黄経207度

スポンサード リンク 今日から秋土用(10月20日-11月6日)に入ります.陰陽五行説では春・夏・秋・冬をそれぞれ木・火・金・水として,足りない土を調整の為に,立春,立夏,立秋,立冬の直前の18日間を …

七夕

七夕伝説 織姫と彦星のお話し

七夕のお話は皆さんよくご存じのことと思います.織姫と彦星が天の川を挟んで分かれ分かれになって暮らすという中国のお話です. スポンサード リンク 子供の頃に聞かされた話なので意味がよく分からなかったかも …

ナタネ油 菜種油

先日の記事で,「ナタネ」は作物名で,植物名は「アブラナ」であることをお伝えしました.ナタネの利用は主にナタネ油を採ることで,在来のアブラナより「セイヨウアブラナ」の方がナタネ油の収量が良いので,セイヨ …

2019年3月11日 七十二候 桃始笑(ももはじめてさく)

啓蟄 次候 3月11日(月)-3月15日(金) 桃始笑(ももはじめてさく) 「笑」と書いて「さく」と読ませます.なるほど,そういう感性はありませんでした. 桃の花の桃色と菜の花の黄色の組み合わせは春の …