山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事 自然 科学 技術

周期表 the periodic table

投稿日:2019-02-17 更新日:

今からちょうど100年前の1869年,元素についての知見が深まりつつある時代に,元素を原子量の順番に並べてみると,周期的に似た性質が現れることが発見されました.

ロシアの化学者ドミトリ・メンデレーエフにより提案されましたが,このことが後の化学の方向性を決めることになりました.

例えてみれば,学校の生徒を体重の軽い順に並べると8人ごとに成績や運動能力や性格などが周期的に繰り返されることを見つけたわけです.

体重順ではさすがにそのような規則性は無いと思えますが,元素の場合は無意味と思われた整理整頓が思わぬ発見につながりました.

メンデレーエフのこの試みは,周期律と呼ばれ,元素の周期的な性質の規則性から新元素の発見や,原子の電子配置のルールや原子構造の解析に至り,今日の量子力学へと発展していきました.

100年後の今年が,現代化学の幕開けちょうど100周年となります.

今日2月17日からちょうど100年前の1869年の2月17日,メンデレーエフは夢のなかで,原子量順に並んだ表をみます.目を覚まして,すぐに表を紙に書き出したのがきっかけです.

さて,このことを知ったあなたは,今晩どんな夢をみることになるのでしょうか?

スポンサード リンク

本ではおなじみですが,実際に元素を並べるのは大変です.特に周期表下部の放射性元素を収集するのは大変だと思います.

参考

https://www.ptable.com/?lang=ja

周期表

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E6%9C%9F%E8%A1%A8

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事, 自然 科学 技術

執筆者:

関連記事

ツツジ

ツツジが咲き始めました,ドウダンツツジも咲いています.サツキが咲くまではもう少しかかります.

スポンサード リンク 今日はツツジとドウダンツツジとサツキについて調べたことをお話しします. それにしてもツツジはどこにでもあると言えるほどよく見かける植木です.道路わきにも公園にも庭先にも植えられて …

2018年11月22日は小雪(しょうせつ)です.太陽黄経240度

[京都二十四節気] 小雪 スポンサード リンク そろそろ厚手布団を用意おかないと朝寒い時があります.二十四節季の小雪.樹々の葉も落ち続けて,間もなく本格的な冬となります.お休みの日には外に出て,自然の …

世界のお天気記号

私たちは日本のお天気記号に慣れていますが,世界のお天気記号はかなり違っています. 気象庁のサイトには国際式の天気記号が詳しく説明されています. https://www.jma.go.jp/jma/ki …

2019年11月18日 七十二候 金盞香(きんせんかさく)

水仙(スイセン) 立冬 末候 11月18日(月)-11月21日(木) 金盞香(きんせんかさく) 「金盞香」の意味には少し込み入った内容になっているので,簡単に「水仙が咲く」意味とされることが多いです. …

古地図コレクション(国土地理院)より

伊能忠敬と大日本沿海輿地全図( だいにほんえんかいよちぜんず)

スポンサード リンク 先日の十三里の話で,伊能忠敬の地図の話がでましたが,江戸時代に今までにない正確さで日本全図を製作した伊能忠敬は50歳で佐原の名主を隠居し,まさに五十の手習いの文字通り暦学,天文学 …