山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

2019年2月19日 七十二候 土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)

投稿日:2019-02-18 更新日:

雨水 初候 2月19日(火)-2月23日(土) 土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)

「脉」は「脈」の異体字です.意味は土が潤いを持ち始めるということです.つまり,早春の雨によって大地が潤い湿り気を含んでくる頃だと言うことです.農作業の準備を始める頃合いになりました.

参考

七十二候 しちじゅうにこう

二十四節気を初候,次候,末候の3つに分けたものが七十二候です.一侯は約5日となります.

古代中国の七十二候を江戸時代の天文暦学者,渋川春海が日本の気候と感性に合わせて改定し,新制七十二候を表しました.

動植物の変化や季節の移り変わりを表しています.

二十四節気 ニジュウシセッキ

小寒,大寒,春分など1年を24分割して,それぞれに名前を付けています.
1年は12カ月なので,24分割すると,各節季は半月間となります.

二至二分 ニシニブン

二十四節気の主役は「春分」,「夏至」,「秋分」,「冬至」の4つです.これらを二至二分といいます.

それぞれの季節の真ん中になります.

四立

それぞれの季節の始まりは「立春」,「立夏」,「立秋」,「立冬」です.これらを四立といいます.

スポンサード リンク

八節

二至二分と四立を合わせて「八節」といいます.1年を8節に分けるので,四季を前半・後半に2分することになります.

四季

: 立春(前半), 春分(後半)
: 立夏(前半), 夏至(後半)
: 立秋(前半), 秋分(後半)
: 立冬(前半), 冬至(後半)

二十四節気

八節それぞれに2つづつ節季を加えて(合計3節季)ひとまとまりにします.各四季は3+3=6節季となります.

春 (全6節季)

春前半 (3節季)
「立春」 +雨水 +啓蟄

春後半 (3節季)
「春分」 +清明 +穀雨

夏 (全6節季)

夏前半 (3節季)
「立夏」 +小満 +芒種

夏後半 (3節季)
「夏至」 +小暑 +大暑

秋 (全6節季)

秋前半 (3節季)
「立秋」 +処暑 +白露

秋後半 (3節季)
「秋分」 +寒露 +霜降

冬 (全6節季)

冬前半 (3節季)
「立冬」 +小雪 +大雪

冬後半 (3節季)
「冬至」 +小寒 +大寒

これらを合わせると全部で24節季となります.

太陽黄経と二十四節気の関係

315° 立春
330° 雨水
345° 啓蟄
春分
15° 清明
30° 穀雨

45° 立夏
60° 小満
75° 芒種
90° 夏至
105° 小暑
120° 大暑

135° 立秋
150° 処暑
165° 白露
180° 秋分
195° 寒露
210° 霜降

225° 立冬
240° 小雪
255° 大雪
270° 冬至
285° 小寒
300° 大寒

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事

執筆者:

関連記事

2019年7月2日 七十二候 半夏生(はんげしょうず) 太陽黄経 100度

夏至 末候 7月2日(火)-7月6日(土) 半夏生(はんげしょうず) 半夏生(はんげしょう)は雑節の1つで,半夏(烏柄杓)という薬草が生える時期です. ハンゲショウ(カタシログサ)という草の葉が名前の …

2019年3月6日 七十二候 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)

明日は啓蟄です.啓蟄の初候は3月6日(水)-3月10日(日)で,蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)とあります. 「暦便覧」には「陽気地中にうごき,ちぢまる虫,穴をひらき出ればなり」とあります.冬籠りの …

2019年4月25日 七十二候 霜止出苗(しもやみてなえいづる)

穀雨 次候 4月25日(木)-4月30日(火) 来月は田植えの時期ですが,その為の苗を育てています.同時に田おこし(土に肥料と酸素を与える)やしろかき(水の深さにムラが出来ないように土の起伏をならす) …

2019年5月21日 二十四節気 小満 (しょうまん) 太陽黄経 60 度

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧) 陽気がよくなり,草木などの生物が次第に生長して生い茂るという意味. 参考 二十四節気(にじゅうしせっき) 七十二候(しちじゅうにこう) 二十四節気(に …

2018年11月22日は小雪(しょうせつ)です.太陽黄経240度

[京都二十四節気] 小雪 スポンサード リンク そろそろ厚手布団を用意おかないと朝寒い時があります.二十四節季の小雪.樹々の葉も落ち続けて,間もなく本格的な冬となります.お休みの日には外に出て,自然の …