山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

2019年3月16日 七十二候 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

投稿日:2019-03-16 更新日:

啓蟄 末候 3月16日(土)-3月20日(水) 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

菜の花が咲いていますね.そろそろ蝶々や蜂などが飛び交い始める頃でしょうか?

参考

七十二候 しちじゅうにこう

二十四節気を初候,次候,末候の3つに分けたものが七十二候です.一侯は約5日となります.

古代中国の七十二候を江戸時代の天文暦学者,渋川春海が日本の気候と感性に合わせて改定し,新制七十二候を表しました.

動植物の変化や季節の移り変わりを表しています.

二十四節気 ニジュウシセッキ

小寒,大寒,春分など1年を24分割して,それぞれに名前を付けています.
1年は12カ月なので,24分割すると,各節季は半月間となります.

スポンサード リンク

二至二分 ニシニブン

二十四節気の主役は「春分」,「夏至」,「秋分」,「冬至」の4つです.これらを二至二分といいます.

それぞれの季節の真ん中になります.

四立

それぞれの季節の始まりは「立春」,「立夏」,「立秋」,「立冬」です.これらを四立といいます.

八節

二至二分と四立を合わせて「八節」といいます.1年を8節に分けるので,四季を前半・後半に2分することになります.

四季

: 立春(前半), 春分(後半)
: 立夏(前半), 夏至(後半)
: 立秋(前半), 秋分(後半)
: 立冬(前半), 冬至(後半)

二十四節気

八節それぞれに2つづつ節季を加えて(合計3節季)ひとまとまりにします.各四季は3+3=6節季となります.

春 (全6節季)

春前半 (3節季)
「立春」 +雨水 +啓蟄

春後半 (3節季)
「春分」 +清明 +穀雨

夏 (全6節季)

夏前半 (3節季)
「立夏」 +小満 +芒種

夏後半 (3節季)
「夏至」 +小暑 +大暑

秋 (全6節季)

秋前半 (3節季)
「立秋」 +処暑 +白露

秋後半 (3節季)
「秋分」 +寒露 +霜降

冬 (全6節季)

冬前半 (3節季)
「立冬」 +小雪 +大雪

冬後半 (3節季)
「冬至」 +小寒 +大寒

これらを合わせると全部で24節季となります.

太陽黄経と二十四節気の関係

315° 立春
330° 雨水
345° 啓蟄
春分
15° 清明
30° 穀雨

45° 立夏
60° 小満
75° 芒種
90° 夏至
105° 小暑
120° 大暑

135° 立秋
150° 処暑
165° 白露
180° 秋分
195° 寒露
210° 霜降

225° 立冬
240° 小雪
255° 大雪
270° 冬至
285° 小寒
300° 大寒

今日はこれまで.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事

執筆者:

関連記事

2019年3月21日 七十二候 雀始巣(すずめはじめてすくう)

春分 初候 3月21日(木)-3月25日(月) 雀始巣(すずめはじめて すくう) 参考 すくう(巣くう):鳥などが巣を作って住むこと. 《五自》鳥などが巣を作って住む。 七十二候 しちじゅうにこう 二 …

2019年7月18日 七十二候 鷹乃学習(たかすなわちわざをならう)

小暑 末候 7月18日(木)-7月22日(月) 鷹乃学習(たかすなわちわざをならう) 参考 二十四節気(にじゅうしせっき) 七十二候(しちじゅうにこう) 二十四節気(にじゅうしせっき) 小寒,大寒,春 …

2019年6月6日 二十四節気 芒種 (ぼうしゅ) 太陽黄経 75 度

芒(のぎ)ある穀類,稼種する時也(暦便覧) 稲の穂先のように芒(のぎ)のある穀物の種まきをする頃という意味です.現在の種まきは昔に比べ早くなっています. 江戸時代と今とで農作業の時期が違う理由を研究す …

9月20日は空の日

1910年(明治43年)12月19日に徳川好敏,日野熊蔵両陸軍大尉が代々木練兵場において日本初の動力飛行に成功しました. その30年後の1940年(昭和15年)が紀元2600年であったことから,両方を …

2019年7月23日 二十四節気 大暑 (たいしょ) 太陽黄経 120 度

暑気いたりつまりたるゆえんなれば也(暦便覧) 最も暑い頃という意味ですが,たぶん梅雨があけてからの方が暑くなりそうです. 参考 二十四節気(にじゅうしせっき) 七十二候(しちじゅうにこう) 二十四節気 …