山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

2019年4月20日 二十四節気 穀雨 (こくう) 太陽黄経 30 度

投稿日:2019-04-20 更新日:

春雨降りて百穀を生化すれば也(暦便覧)

田んぼや畑の準備が整い,それに合わせるように,柔らかな春の雨が降る頃.

この頃より変りやすい春の天気も安定し日差しも強まる.

参考

二十四節気 ニジュウシセッキ

小寒,大寒,春分など1年を24分割して,それぞれに名前を付けています.
1年は12カ月なので,24分割すると,各節季は半月間となります.

二至二分 ニシニブン

二十四節気の主役は「春分」,「夏至」,「秋分」,「冬至」の4つです.これらを二至二分といいます.

それぞれの季節の真ん中になります.

四立

それぞれの季節の始まりは「立春」,「立夏」,「立秋」,「立冬」です.これらを四立といいます.

スポンサード リンク

八節

二至二分と四立を合わせて「八節」といいます.1年を8節に分けるので,四季を前半・後半に2分することになります.

四季

: 立春(前半), 春分(後半)
: 立夏(前半), 夏至(後半)
: 立秋(前半), 秋分(後半)
: 立冬(前半), 冬至(後半)

二十四節気

八節それぞれに2つづつ節季を加えて(合計3節季)ひとまとまりにします.各四季は3+3=6節季となります.

春 (全6節季)

春前半 (3節季)
「立春」 +雨水 +啓蟄

春後半 (3節季)
「春分」 +清明 +穀雨

夏 (全6節季)

夏前半 (3節季)
「立夏」 +小満 +芒種

夏後半 (3節季)
「夏至」 +小暑 +大暑

秋 (全6節季)

秋前半 (3節季)
「立秋」 +処暑 +白露

秋後半 (3節季)
「秋分」 +寒露 +霜降

冬 (全6節季)

冬前半 (3節季)
「立冬」 +小雪 +大雪

冬後半 (3節季)
「冬至」 +小寒 +大寒

これらを合わせると全部で24節季となります.

太陽黄経と二十四節気の関係

315° 立春
330° 雨水
345° 啓蟄
春分
15° 清明
30° 穀雨

45° 立夏
60° 小満
75° 芒種
90° 夏至
105° 小暑
120° 大暑

135° 立秋
150° 処暑
165° 白露
180° 秋分
195° 寒露
210° 霜降

225° 立冬
240° 小雪
255° 大雪
270° 冬至
285° 小寒
300° 大寒

今日はこれまで.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事

執筆者:

関連記事

5月21日 リンドバーグ翼の日

1927年5月21日,チャールズ・リンドバーグが大西洋無着陸横断飛行でパリに到着しました. スポンサード リンク 前日の午前7時52分,「スピリット・オブ・セントルイス」と名附けられた飛行機でニューヨ …

2018年9月01日は二百十日です

2018年9月1日は二百十日です.立春から210日目(立春の209日後の日)を二百十日と言い,台風や風の強い頃の目安とされます.昔は八朔(旧暦8月1日,2018年9月10日),二百十日(2018年9月 …

2019年4月29日は昭和の日

昭和,平成そして令和へと時代が変わっていきます. 昭和が大昔のように感じます. 時が経ってしまえば,「ああなるほどと,そうだったのか」と思えますが,未来のこととなると1年後のことすら予想があたりません …

2019年7月23日 二十四節気 大暑 (たいしょ) 太陽黄経 120 度

暑気いたりつまりたるゆえんなれば也(暦便覧) 最も暑い頃という意味ですが,たぶん梅雨があけてからの方が暑くなりそうです. 参考 二十四節気(にじゅうしせっき) 七十二候(しちじゅうにこう) 二十四節気 …

2019年5月6日 二十四節気 立夏 (りっか) 太陽黄経 45 度 七十二候 蛙始鳴(かわずはじめてなく)

立夏 初候 5月6日(月)-5月10日(金) 蛙始鳴(かわずはじめてなく) 夏の立つがゆへ也(暦便覧) この日から立秋の前日までが夏. 連休も終わり,もう夏です. 参考 二十四節気(にじゅうしせっき) …