山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

自然 科学 技術

美しい脳図鑑 篠浦伸禎監修 木村泰子著を読んで

投稿日:2017-07-05 更新日:

考える人

本書はカラーのイラスト満載で眺めるだけでも面白い本です.脳そのものの説明から始まって人の生活と脳のかかわりまで丁寧に解説してあります.イラストも分かりやすい様に工夫されています.

脳についていろいろ知っていた情報が本書に総括されているので手元に置いておくのに手ごろな良書です.


そもそも脳について本を読んでいる「自分」は自分の脳が読んでいるわけですから,不思議なことです.自分の考えや感情,記憶やイメージも全て脳内の化学反応だし,今キーボードを叩いている指も脳からの指令でやっているわけです.

スポンサード リンク

人は生まれた時から死ぬ瞬間まで全てを脳内で処理しているのですから,自分にとって世界そのものなわけです.でも,日頃脳の存在を意識していません.脳の延長が「自分」であり,自分を通して世界につながっているのです.

この原理をよく考えて見れば,考えるということはどういうことなのか?喜んだり,悲しんだり,怒ったりしているのはどういうことなのか?昔の記憶とは何なのか?などを今までとは別な観点から見ることができます.

脳のことを「知らず」に,あるいは脳のことを「考慮」せずに「考える」というのは砂上に楼閣を建てるのと同じくらい虚しいことの様に思えてきます.

今こういうことを書いている「自分」が実は脳の中での化学反応だとすると,いったいどうなっているのでしょう.混乱してめまいがします.— これも脳の反応です.

わからなくなりました.

わからなくなったら,一旦原点に戻るために,本書のカラーイラストをじっくりと眺めてみます.手元に置いておいくのに手ごろな一冊です.

笠倉出版社 万物図鑑シリーズ 美しい脳図鑑 篠浦伸禎監修 木村泰子著

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-自然 科学 技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

大気汚染

ゼンソク気味の症状発生 黄砂? PM2.5? 花粉症?それとも

数週間前まで苦しんでいた花粉症の症状もほぼ治まり,四月末頃には目薬,点鼻薬も持ち歩かなくても大丈夫くらいのところまで気にならなくなっていました.ところが1-2日前から鼻水,ゼンソク症状がでてきましたの …

富士山

富士山の標高は3776mですが,昔は3778メートルだった

富士山 スポンサード リンク 昨日のブログで,太宰治の富嶽百景中「富士には月見草がよく似合う」は名句ですが,三七七八米の富士の山とあるので疑問に思い調べてみました.私の記憶では3776mです. スポン …

セミ

セミの季節,セミの謎 3

スポンサード リンク セミの話3回目です.昆虫としてのセミの特徴はなんといっても鳴くことです.あれほど大きな音を出す昆虫はほとんどいません.なぜ音を出すのかは前回にお話ししましたので,音を出す仕組みと …

セスキ

最近は100均でも見かける「セスキ」.正式名称は「セスキ炭酸ナトリウム sodium sesquicarbonate」ですが,セスキ水とか,セスキ炭酸とかセスキ炭酸ソーダ,テトラトリタ炭酸ナトリウムな …

植物を観察する方法 デッサン,スケッチ,クロッキー,ドローイング

植物の写真を撮り続けて2-3年,毎日の散歩で積極的に撮影していましたので,かなりの量のストックができました. でも,今一つなのが,細部の観察力です.撮影をするだけで安心してしまい,細部を観察していませ …